保育士が知っておきたい保護者との関係がよくなる方法

保育士が知っておきたい保護者との関係がよくなる方法

保育士として働く際、子どもとの関係は勿論大切ですが、
保護者との関係も大切です。

 

保護者との関係を良くするためには、
なんといっても、相手を一人の人間としてみる事が重要です。

 

近年は「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者が問題となっていたり、
話題になったりしています。

 

そして、保育士に限らず、学校の先生や塾の先生など、
日本中の「先生」が、戦々恐々としています。

 

しかし、モンスターペアレントは、
数で数えればごく僅かで、
殆どは「普通の保護者」です。

 

保育士だけでなく「先生」と言う仕事に就いている人は、
この普通の保護者と、上手くやっていく事が必要です。

 

先生も保護者も、みんな仲良くしたいと思っているはずです。

 

トラブルが起こってしまうと、信頼関係が崩れてしまいます。

 

ですから、トラブルが起こらないようにすること、
保護者との関係がよくなる方法を考えてみましょう。
保育士になるには

トラブルの原因を放置しない

トラブルが起きるのは、必ず原因があるからです。

 

その原因は、日常のごく何気ないところにたくさんあります。

 

ですが、その原因となるものさえなければ、
トラブルは起こりません。

保護者が満足する行事を行う

保護者の不満が最も渦巻くのは「行事」です。

 

行事は、子どもが主人公です。
ですが、いかに保護者を満足させるかを考える事が重要です。

クレームに上手く対応する

不満は「イヤダ」という感情です。

 

希望や要求は「こうでありたい」と望む感情です。

 

そしてクレームは、それらの表現です。

 

ヒトは満足したい生きものです。

 

保護者に笑顔で納得してもらえるように、
要求やクレームに対しては上手く対応する事が重要です。
保育士